足の脂肪が固い

ショップの試着室で固太りに気づかされ外へ出れず

固太りにコンプレックスを持つようになったのはとあるショップで試着したときの事です。

 

可愛いスキニージーンズがあったので一本持ち店員さんに案内されて試着室へ入りました。
もともと下半身は太い方で出かけるときはヒップが持ち上がるようになるべくヒールを履いていました。

 

そのスキニーが太ももで止まってしまったのです。
何とか力を入れて上まであげましたがパツパツで何にも格好良くなく逆にウエストはすんなりボタンが閉まりました。

 

後姿は自分のお尻がここまで大きかったかと思わせるほど強調されていて店員さんにいかがですかと声をかけられて試着室から出れずに困りました。
その時に下半身がものすごい太っていることに気づかされました。

 

それからは太ももが痩せるようにお風呂でマッサージしたりリンパを流したりしましたが、太ももの脂肪は手ごわく中々落ちてはくれません。
最近鏡を見なくなったのでいけなかったのかもしれませんが、太ももと太ももがくっつてしまって何とも立派な足になってしまっていました。

 

スキニーを試着しなければ気づかなかったかもしれなので、逆に現状を知ることが出来て良かったのかもしれません。

 

>>足の脂肪が固い人に共通する欠点とは?<<